日本古代史を科学する

著:中田力

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代史の秘密がいま解き明かされる。この本は、日本古代史の常識とタブーに挑んだ、ある自然科学者の知的冒険の書である。「魏志倭人伝」に描かれた邪馬台国はどこにあったのか。女王・卑弥呼とはいったい誰なのか。日本最古の歴史書といわれる『古事記』や『日本書紀』に描かれる様々な神話をどう読むのか。神武王朝は果たして存在したのか。神武の東征は実際になされたことなのか。出雲はなぜ国譲りにたやすく同意したのか。神功皇后の九州遠征が意味するものとは。継体王朝の即位は何を意味したのか。医者であり、また歴史に造詣の深い著者は、自然科学者の「眼」で、こうした謎をひとつひとつ解きほぐしてゆく。Y染色体が示す日本人のルーツをめぐる最新の知見と歴史書の読解をミックスさせ、これまでの発想に自由な著者が導き出した結論は、想像を絶する大胆なものであった……。東アジアを舞台に壮大なスケールで、心躍る歴史のドラマがいま幕を開ける。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/04/21Posted by ブクログ

      理系のロジック、データに基づいた仮説とその検証。
      ここまで説得力があると、邪馬台国の在り処を北九州とする説に同意するほかない。

    • ネタバレ
      2012/07/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/05/03Posted by ブクログ

       本書は、謎に満ちた日本古代史を、まるでゴルディアスの結び目を解くかのように、バッサリと解明した本である。
       「21世紀の科学」や「複雑系科学」を駆使して考古学へ応用し、日本古代史を解明したと、一見科...

      続きを読む
    開く

    セーフモード