チャイコフスキーがなぜか好き 熱狂とノスタルジーのロシア音楽

著:亀山郁夫

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    チャイコフスキーを筆頭に、ムソルグスキー、ラフマニノフ、ストラヴィンスキー、プロコフィエフ、そしてショスタコーヴィチ――19世紀後半から20世紀にかけて、ロシアの作曲家たちはクラシック音楽の世界で絶対的な地位を占めている。なぜかくも私たちの心を揺さぶるのか?論理を重視したドイツの古典音楽とは対極的に、艱難の歴史と血に染まる現実を前に、ロシア音楽は、幸福を希求する激しくも哀しい感情から生み出されたのである。近年のドストエフスキー・ブームの火つけ役が、死ぬまで聴いていたい“聖なるロシアの旋律”に迫る。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2012オフィシャルBOOK【本書に登場する他の音楽家】グリンカ、ボロディン、リムスキー=コルサコフ、スクリャービン、デニソフ、グバイドゥーリナ、シュニトケ、ペルト、カンチェリ、シルヴェストロフ、チーシェンコ、ロストロポーヴィチ、ゲルギエフ

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    10
    5
    3
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/28Posted by ブクログ

      「好き」なものの背景を知ることができたのが良かった。音楽に限らず美術でも文学でも創り出されるには歴史や政治情勢や文化、信仰などの背景があり、私はそういった背景から生まれる曲想に惹かれているのかも。
      ...

      続きを読む
    • 2016/02/04Posted by ブクログ

       数年前、急遽、チャイコフスキイの弦楽セレナードで舞台に乗ることになった。1カ月で合奏から脱落しない程度に難しい譜面をさらわなければならず、文字通り気が狂ったように練習した。自分のパートをさらうのはき...

      続きを読む
    • 2014/01/08Posted by ブクログ

      ドストエフスキーの新訳で有名な、ロシア文学者にして前東京外大学長、亀山郁夫氏によるロシア音楽についての解説書のような本です。

      他のレビューでもご指摘のある通り、タイトルの「チャイコフスキー」に引っ張...

      続きを読む
    開く

    セーフモード