中学受験に合格する子の親がしていること

著:小林公夫

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    受験指導の超プロである著者が、中学受験に合格した子の親、有名塾の現役エース講師を徹底的に取材。その結果、著者が長年の経験から得た以下の仮説が見事に実証された。「放任でもなく過干渉でもない『援助のまなざし』が子どもを伸ばす」。本書はその具体的方法を解説する。「褒めるだけではなく、驚く」「親が生徒になり聞き役に徹する」などの他、「算数――親が問題を解こうとするな」「理科――計算問題は後回しにしよう」など科目別対策法も充実。さらに、「子どもの能力・適性を客観視せず、ブランドだけで志望校を決める」など、子どもを不合格にする親が陥りやすい五つの過ちも述べる。結びでは、「人生における中学受験の意義――学びの果てにあるもの」について考える。ベストセラーとなった『「勉強しろ」と言わずに子供を勉強させる法』(PHP新書)の著者の力作。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/04/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/12/13Posted by ブクログ

      引き合いに出されている親たちはすごい。自分にはとてもここまではできないな、と感じてしまう。同じ学校の説明会には毎回通い、先生に質問をし、学校ミシュランを作ってしまう・・。でも、いくつか実践できそうなこ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/04/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード