進化する日本の食 農・漁業から食卓まで

編:共同通信社

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    いま日本の食に何が起きているのか?食品の産地偽装、中国産冷凍ギョーザ中毒事件などで、食品の安全が脅かされる中、いったい何を食えばいいのか。食品の海外依存率60%を占める日本の食の未来はどうなるのか。列島各地の「食の最前線」を徹底取材し、食材をつくる農業から食卓、料理人まで、現場の「生」の声を収録しつつ、ホットな食の話題を掘り起こす。伝統野菜、こんにゃく、ゴーヤー、リサイクル飼料、ワイン、フードマイレージ、ソフト断食、ズボラ料理、弁当の日、アレルギー対応ケーキ、潜水艦ハンバーグ、フレンチ介護食、宇宙食、公邸料理人、タコライス、日式ラーメン……未来への希望と勇気を与える話題、心温まる逸話もある。「食」を私たちの手に取り戻す最後のチャンス!変化の風をつかみとれ!ルポ・「日本列島食の最前線」

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/02Posted by ブクログ

      今の日本の食に何が起きているのか?共同通信社の「進化する日本の食」、2009.7発行、考えさせられる内容がぎっしり詰まってました。ジビエ料理という農作物を荒らすイノシシ、カラス、ウサギ、シカなどを駆除...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/04/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/06/09Posted by ブクログ

      「食の安全」など、「食」に関する不安が話題になって久しいが、
      日本の食もまだまだ捨てたものではないよ、ということを様々な面から教えてくれる本です。
      イスラム教徒の食事のルール「ハラール」を巡るお話など...

      続きを読む
    開く

    セーフモード