どうして時間は「流れる」のか

著:二間瀬敏史

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ、時間は過去から未来に流れるのか。誰もが一度は疑問に思ったのではないか。たしかに「時間って何?」とあらためて問われると、明確に答えられる人はいないだろう。生物学的にも、哲学的にも、いろいろな答えはありそうだが、本書は、時間の謎について考える物理学者が「時間はなぜ流れるのか」や「時間はどのように流れるのか」といった問題をとりあげていく。極力数式を使わずに、図を多用し、文系の人にもわかりやすくまとめている。「時間とは何か」を考えていくと、最終的には宇宙の成り立ちにまで話がつながっていく。相対性理論やビッグバン理論から、超重力理論や超ひも理論まで、最新の宇宙論も含め、時間という軸で解説する。さらには、タイムマシンの可能性まで、時間と自然の不思議を満喫できる話題を盛り込んでいる。毎日の雑事に追われる忙しい人にこそ、読んでもらいたい一冊である。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/03/17Posted by ブクログ

      「時間の矢」について。2001年の『図解雑学 時間論』を改稿したものらしい。物理学者による興味深い話がいろいろ。
       古典物理,量子論含め,物理の法則はそのほとんどが時間反転に対して不変。なので,時間の...

      続きを読む
    • 2012/02/06Posted by ブクログ

      【本】二間瀬敏史『どうして時間は流れるのか』。時間という概念を、矢印の流れる向きという考えで説明した一冊。http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%81%86%E3%8...

      続きを読む
    • 2012/04/20Posted by ブクログ

      生物の体内時計からエントロピー、相対性理論、ブラックホール、ビッグバン、そしてタイムマシンや時空論までも平易に紹介。特にエントロピーや相対性理論は時間に関係する事項に絞ってよく整理されて分かった気にさ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000109231","price":"699"}]

    セーフモード