竹中半兵衛と黒田官兵衛 秀吉に天下を取らせた二人の軍師

著:嶋津義忠

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天正18年(1590)、豊臣秀吉は戦国乱世の時代に終止符を打ち、天下統一を成し遂げた。この偉業を支えた二人の名軍師が、竹中半兵衛重治と黒田官兵衛孝高である。わずかな手勢でやすやすと美濃・稲葉山城を盗り、そのあとで城を主に返して隠棲した無欲の天才・竹中半兵衛。秀吉が織田家臣団の中で台頭する時期、戦場における半兵衛の貢献は計り知れないほど大きかった。一方、播磨の国人に仕える一家老でありながら、天下への志を抱いた智謀と誠実の人・黒田官兵衛。本能寺の変に際して中国大返しを実現させ、官兵衛は秀吉に天下人への道を開いた。「二兵衛」と並び称された半兵衛と官兵衛は、置かれた環境は異なり、性格も正反対だった。にもかかわらず、互いの才を認め合い、相手を信頼し合って、秀吉の天下取りを補佐した。二人が抱き続けた志と友情は、今日の我々の胸を打つ「熱さ」を帯びている。不世出の軍師二人の人生を描いた力作長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    14
    5
    1
    4
    7
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/25Posted by ブクログ

      半兵衛のお城乗っ取りから始まって、官兵衛がお亡くなりになるまでのお話。
      歴史的流れはサラっと進むので、読みやすかった。
      とにかく仲良しな二兵衛(笑)

      個人的には幻蔵が気に入りました。

    • 2012/06/25Posted by ブクログ

      所謂「二兵衛」を描いた物語。半兵衛の稲葉山城乗っ取りから始まって、官兵衛の死で括られている。二兵衛は二章目から直に交誼を通じているが、物語の前半を半兵衛、後半を官兵衛が担うかたちである。
      全体に「大雑...

      続きを読む
    • 2012/02/21Posted by ブクログ

      ドラマ見たので、原作も読んでみようかと思い購入。
      二人の仲の良さが感じられますね。
      また、戦闘ではなく頭脳で勝負する、策士と言われる二人だからこその悩みや考えっていうのが伝わってきました。

      個人的に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード