文蔵 2018.9

編:「文蔵」編集部

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【特集】心が痛くなるほどの感動を味わいたい! 胸が締めつけられる物語 【インタビュー】彩瀬まる 「苦しみ」の先にあるものを知りたいから 【ブックガイド】恋愛、家族、青春小説……痛いほどの切なさに心が揺さぶられる小説11選……吉田伸子 恋愛の「ままならなさ」が胸を打つ作品切りたくても切れない「家族」という絆人生の哀しみの行く末を読む 【大人気連載第三回】宮部みゆき 双六神隠し その一 きたきた捕物帖3 双六で遊んでいた松吉が姿を消した。北一は、富勘長屋の人達と探し歩く。 【連載小説】●梶よう子 由蔵覚え帳8 清次が襲われ命を落とす。怒りを抑え切れない由蔵は仇を討とうと……。 ●秋吉理香子 灼熱9 復讐の対象だったはずの夫の真実の姿がわからず、わたしは苦悩を続ける。 ●宮本昌孝 天離り果つる国25 七龍太は殺されたと信じる紗雪。一方、難しい立場に立たされた成政は。 ●長岡弘樹 歪んだ凶弾(中) 影絵のミザンセヌ30 三日前、電車内で異臭騒ぎに遭遇した恭子は、医師の診断を受けていた。 【話題の著者に聞く】●辻村深月 『噛みあわない会話と、ある過去について』「傷つけた側」がその過去を突きつけられる恐ろしさ ●川越宗一『天地に燦たり』読者が前向きに生きたいと思えるような物語を 【連載ノンフィクション】百田尚樹 モハメド・アリ 地上最強の男たち──世界ヘビー級チャンピオン列伝21 「モハメド・アリ」に改名したクレイは、さまざまな批判にさらされる。

    続きを読む
    • 文蔵 全 92 巻

      未購入巻をまとめて購入

      文蔵 全 92 巻

      56,970円(税込)
      569pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード