文蔵 2018.6

編:「文蔵」編集部

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【特集】大江戸八百八町には謎がいっぱい! 捕物帳、時代ミステリの魅力 【ブックガイド】ミステリ好きこそ「時代小説」に注目せよ! 冴える推理と江戸情緒の融合がたまらない15作……末國善己 ●まずはこれ! オーソドックスな捕物帳六選 ●猫に女薬師!? 作品を盛り上げる一風変わった探偵役たち ●推理小説ファンをも唸らせる 読んでおきたい「時代ミステリ」 【インタビュー】宮部みゆき 「きたきた捕物帖」連載開始にあたって 立場が弱い人ばかり登場する物語です 【待望の新連載!】宮部みゆき ふぐと福笑い その一 きたきた捕物帖1 文庫売りの北一が、相棒や仲間とともに、もめ事解決に力を尽くします! 【連載小説】●梶よう子 由蔵覚え帳6 加賀藩の聞番・伊之助が、阿蘭陀宿・長崎屋を知る上役を連れてやって来る。 ●秋吉理香子 灼熱7 顔を変え、身分を変え、英雄の妻になったわたしに、思わぬ心境の変化が。 ●宮本昌孝 天離り果つる国23 紗雪を陥れるため、側妾・早百合が打った芝居に騙された佐々成政は……。 ●長岡弘樹 湿った密室(下) 影絵のミザンセヌ28 伊野木は南雲から、入院中の天野が意識を取り戻したと伝えられる。 【連載ノンフィクション】百田尚樹 ビッグ・ベアー 地上最強の男たち――世界ヘビー級チャンピオン列伝19 世界ヘビー級の歴史で初めて、パターソンは王座返り咲きを果たすが……。 【衝撃の最終回!】香納諒一 絵里奈の消滅(終) 悲鳴の先で鬼束が目にしたのは、庖丁を持った女に襲われる麗香の姿だった。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード