文蔵 2015.11

編:「文蔵」編集部

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    【ブックガイド】甘いものには裏がある? 魅惑の「スイーツ小説」を味わう…石井千湖、奥深い和菓子の世界にようこそ、特別な日に食べたい洋菓子の魅力、甘くてほろ苦い青春とスイーツ【新連載小説】本格歴史小説 葉室麟 墨龍賦 1 御家再興の夢を胸に絵師として生きた友松の波瀾に満ちた生涯を描く。【連載小説】長岡弘樹 沈黙のスピーチ(下) 影絵のミザンセヌ 2 俳優養成所を辞めると言ったおれに、講師の南雲が取った驚くべき対応とは。/澤田瞳子 忍び寄る影 火定 2 新羅使を歓待した酒家の女への往診を頼まれた名代らが、現地に向かうが……。/服部真澄 第二章 治天の君・後醍醐の夢幻 その二 夢窓 5 土佐に配流された京極為兼を訪ねた夢窓は、作庭と歌の手ほどきを受ける。/五十嵐貴久 真相 7デイズ 日韓特命捜査ファイル 6 アジトの男たちを倒したジヒョンと陽平。そこに有坂らがやってきたが……。/荒山徹 開戦当年 白村江 17 鬼室福信の死後、国王として腕を振う豊璋に、倭国軍来援の報せが届く。/柴田よしき 第六章 幸せへの戦争(4)わらし花子と涼菜の憂鬱 29 花子を強引に部屋から連れ出した涼菜は、いよいよ副社長と直接対決する。感動の最終回!/中村彰彦 勁草はるかに その二 疾風に折れぬ花あり(終) 幸松は見性院の養子となり、見性院・信松尼姉妹は武田家再興の夢を託すが。【連載エッセイ】中江有里 右足を出す 晴読雨読 8/斎藤明美 喋ったことは、何を書いてもかまいません 高峰秀子が遺した言葉 12/北大路公子 「恐ろしいもの」との死闘 私のことはほっといてください 18

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード