文蔵 2015.3

編:「文蔵」編集部

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ※電子書籍版『文蔵 2015.3』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。【特集】印象派、浮世絵から現代アートまで小説で「芸術」を楽しむ【インタビュー】原田マハ「アートを伝え残す者」の一人となる矜持をもって【ブックガイド】傑作絵画や画家の生き様に酔いしれる名作26……大矢博子 巨匠たちの絵が見たくなる!/技術と頭脳が醍醐味の美術ミステリー/日本美術史を彩った絵師たち/百花繚乱、浮世絵から女性画家まで/プロだけじゃない!青春の美術部小説【読切連作小説】田牧大和 姫君妖道中 行方知れずの御神刀「宵丸」の声が聞こえた。暁と秀馬は品川へ向かう。【感動の最終回!連載小説】五十嵐貴久 希望エール(終)沼で溺れるタクトにセータは手を差し伸べるも、振り払われてしまう。【連載小説】諸田玲子 帰蝶──事の始4、小路幸也 ロング・ロング・ホリディ8、荒山徹 開戦十六年前白村江9、中村彰彦 蚕とともにその二疾風に折れぬ花あり18、柴田よしき 第五章ふたりだけの問題(3)わらし花子と涼菜の憂鬱21【連載エッセイ】斎藤明美「わざわざ映画館まで足を運んでくれて、自分の財布からお金を出して、私が出ている映画を観てくださった人達、その一人一人が、私の勲章です」高峰秀子が遺した言葉5、北大路公子「邪神」と闘う運命を背負って私のことはほっといてください10【話題の著者に聞く】東川篤哉『探偵少女アリサの事件簿』意表を突くキャラクター設定と舞台となる街から物語が生まれる、鹿島田真希『少女のための秘密の聖書』野蛮さによって本当の正しさや愛がわかってくる

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード