文蔵 2013.3

編:「文蔵」編集部

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※電子書籍版『文蔵2013.3』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。書籍版『文蔵2013.3』と一部内容が異なりますことをご了承ください。【特集】宮部みゆき「時代小説」の世界●【インタビュー】宮部みゆき●[第一部]浪人の恋と家族の難しさを描いた最新作『桜ほうさら』●[第二部]翻訳調の文体で江戸ものを書いた岡本綺堂に近づきたい●【ブックガイド】怪談・捕物帳から人情話まで「闇」と「光」を描く時代小説作品16末國善己●【コラム】『桜ほうさら』をより楽しむために(1)ひと目でわかる人物相関図/(2)あの名場面と名フレーズ【特別対談】●同じ岡山出身の二人の女性作家が初顔合わせあさのあつこ/小手鞠るい作家という仕事、日本語の魅力【連作読切小説】●本城雅人ドラフト二巡目<後編>スカウト・デイズ新聞記者の島岡は、堂神と大内の密談の真相を探るべく、その現場を訪れていた。●朱川湊人人間ボート、あるいは水平移動の夜箱庭旅団Season211深い眠りの中にいた五味くんは、突然の腹痛という最悪の形で覚醒を強いられた。【連載小説】●山本弘立ちはだかる箪笥の群れプロジェクトぴあの5●村木嵐雁木道雪に咲く5冬でも使える港建設という悲願達成のため、江戸から河村瑞賢がやって来た。●坂木司山の学校8●原田マハ屏風祭異邦人11●谷村志穂たき火いそぶえ22●川上健一ライバル22●池永陽「摂理」の真実向こうがわの蜂38●火坂雅志佐和山の城その二鬼神の如く65【連載漫画】●今日マチ子ペコポコ37【話題の著者に聞く】●加藤元『泣きながら、呼んだ人』人に読まれ、喜ばれるために型にはまらず挑戦し続けたい

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード