文蔵 2012.7

編:「文蔵」編集部

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    【特集】猛暑も吹き飛ぶ「サスペンス小説」●◎インタビュー明野照葉「平坦だった日常が“裂けて”いく恐ろしさ●◎インタビュー上田早夕里「自らの体験を、意外性やスリルでアレンジ」●◎インタビュー相場英雄「食卓に警鐘を鳴らした話題作は、こうして生まれた」【ブックガイド】●「宙吊り」の不安をたっぷり味わえる17冊――友清哲【特別企画】●ダブル世界タイトルマッチを観戦した作家は……貴志祐介がゆく「ボクシング見聞録」(1)初めてのリングサイド【連作読切小説】●朱川湊人誰もゾウにはかなわない箱庭旅団Season23●篠田真由美あなたのためのスペシャリテホテル・メランコリア7【連載小説】●原田マハ火照る夜異邦人3●諸田玲子帰蝶7●桂望実人それぞれ手の中の天秤9●谷村志穂口づけいそぶえ14●川上健一ライバル15●山本兼一まりしてんギン千代姫(ギンは門がまえに言)21●池永陽響救出作戦向こうがわの蜂30●宮部みゆき桜ほうさら40●火坂雅志流転鬼神の如く57●山本一力焼津節その五十九献残屋佐吉御用帖59【連載漫画】●今日マチ子ペコポコ29【話題の著者に聞く】●瀧羽麻子『左京区恋月橋渡ル』好きなものを観察していると、そこから物語が生まれてくる【話題の著者に聞く】●市川拓司『ねえ、委員長』落涙するほど心動かされた瞬間、物語のイメージが湧いてくる

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード