プロ野球 強すぎるチーム 弱すぎるチーム

著:小野俊哉

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    藤本定義監督が率いた戦前・戦中の巨人(優勝7回)が最も秀でていたのは守備力。通算勝率ではV9巨人を上回る水原巨人の勝因は「地下室の研究会」。感動の広島初優勝、古葉監督が「MVP級の働き」と評したのは左腕・渡辺弘基だった。森西武の意外なベースボールマニュアルとは?その一方で、1961年の近鉄は103敗もしている。阪神は87年からの15年間で10度最下位に沈んでいるが、その原因は「85年に優勝した」ことではないか。21世紀以降の横浜、投手力とともに深刻な問題は、「1-2番」だった。結成後3年で消滅したチーム、高橋ユニオンズとはどんなチームだったのか?黄金時代・暗黒時代を迎えたチームの、象徴的な一年の全スコアを緻密に分析。研究の結果明らかになった真の勝因、敗因を明快に解説、プロ野球の勝敗の本質に迫る。

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/17Posted by ブクログ

      文字通り、戦前の1リーグ性の頃から振り返って強いチーム、弱いチームを振り返った一冊。

      データを元に分析してるので、著者の過剰な思い入れなどは廃されてる姿勢は評価できる。
      セイバーメトリックスなど...

      続きを読む
    • 2014/04/08Posted by ブクログ

      データ解析した風なんだけど、結局、スポーツってデータだけで語れないし、この人が言いたいことは守りの野球が大事ということと打順は1・2番をしっかりしろってこの2点だということがよくわかった一冊。なんか無...

      続きを読む
    • 2013/08/21Posted by ブクログ

      過去のチームをデータで紐解く。

      弱いチームにもスポットを与えているのは特徴があるが、あまり新たな発見はない。
      タイガース暗黒時代は'85年の優勝が原因というのも、ずっと言われてきたことだしね。

    開く

    セーフモード