JACKSON マイケル・ジャクソンと踊った唯一の日本人ダンサーの物語

著:ユーコ・スミダ・ジャクソン

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ここはキミの輝く瞬間だよ。観客の視線をユーコに集めてくれ」1992~1993年にかけて世界28カ国でおこなわれたマイケル・ジャクソンの伝説的ツアー「Dangerous」。そのステージに、キング・オブ・ポップから直々に選ばれた奇跡の日本人ダンサーがいた――。その名は、ユーコ・スミダ・ジャクソン(99年にモータウンCEOと結婚し、ジャクソン姓となる)。彼女は、24歳で単身LAに渡米後、超難関のオーディションを見事クリアし、ショートフィルム「Ghost」出演まで計6年間、マイケルのバックダンサーを務めた。「なぜ、マイケルは彼女を選んだのか?」「ステージでは見せなかった素顔のマイケルとは?」など知られざるエピソードと共に、波瀾万丈に満ちた彼女の半生がいまはじめて語られる。「THISISIT」振付・演出のトラヴィス・ペイン氏との対談を特別収録。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/07/10Posted by ブクログ

      マイケル・ジャクソンを知らない、という人はいないのではないでしょうか。しかし彼の過酷なツアーオーディションで、唯一女性ダンサーとして選ばれたのが日本人だった、というのは知られていません。マイケルととも...

      続きを読む
    • 2012/06/06Posted by ブクログ

      グレートダンサー、マイケルのツアー、結婚と夫の死、帰国してスタジオ。

      ダンサーの世界を少し知りました。

    • 2011/09/13Posted by ブクログ

      うーん、すごいなーとは思うけど、芸能関係に興味がないのでどんだけすごいのかわからない…
      ただ経歴を並べただけって感じ。もっと内面の話が聞きたかった。

    開く

    セーフモード