戦術と指揮 命令の与え方・集団の動かし方

著:松村劭

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日常生活やビジネスに必要なことはすべて「戦術」に詰まっている!本書は、元自衛隊作戦参謀である著者が、自ら考案した本格戦術シミュレーション60題を通して、「戦いに勝つための9原則」[(1)「目標の原則」(2)「統一の原則」(3)「主導の原則」(4)「集中の原則」(5)「奇襲の原則」(6)「機動の原則」(7)「経済の原則」(8)「簡明の原則」(9)「警戒の原則」]を解説したものである。「戦術」は決して特殊な知識ではない。人間社会やビジネスの世界において、かなり有効な要素を含んでいる。「他人と意見が食い違った場合、どうしたらいいのか」といった日常生活で出合う出来事から、「勝つための目標をどう立てるのか」「急激な戦況の変化にはどう対応するか」などビジネス上の問題まで「戦術」はあらゆる状況・場面に応用が利く。現場は刻々変化している。普通に行動したことが戦機を生んだり、危機を招いたりする。冷静に分析しながら的確な判断力が身につく本。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    16
    5
    2
    4
    5
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      著者は元自衛隊陸将補であった松村さん。実際の戦争状態での軍隊を指揮するセオリーを紹介している。こうした地形の場合、どこに部隊を集めるべきか?あるいは2つに分散しておくべきか?こうした問いかけに指揮官は...

      続きを読む
    • 2018/03/10Posted by ブクログ

      なんかわれわれとはぜんぜん違う文化のもとでの独特の知的世界だなあ。指揮・命令系統の話はそれなりにおもしろかった。

    • 2017/08/11Posted by ブクログ

      戦術について書かれているが、一般的でどちらでもないようなものを無理やり難しく書いているだけのように思えた。ちょっと難しすぎたようだ。ウォーゲーマーなら理解できるのかもしれない。

    開く

    セーフモード