たった5分で「あなたと一生仕事をしたい」と思われる話し方

著:小宮一慶

999円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    営業トーク、上司との会話などにおいて「5分でも時間をもらえませんか?」と話しかけたことのあるビジネスパーソンは多いのではないだろうか?本書では、短い時間から、信頼を築き上げ、一生の人脈をつくる話し方を開陳。話を切り出す前の準備から、5分間での効果的な話し方、そして話す力をどのように磨けばよいかを、著者本人のエピソードをもとに明らかにしていく。内容例を挙げると、◎営業しないで紹介してもらう◎断られた時こそ、勝ちだと思え◎駆け引きは一切しない◎「正しければ」相手が耳を傾けてくれる◎気配りの正体は論理思考力◎相手の主張を聞けば、自分の主張が通る◎聞きやすいところから聞き、相手を褒める◎テレビを観ながら話すための論理力を鍛える◎「あなたと話せてよかった」と言わせるほどの感動をつくる等。どんな状況でも会話が続き、相手からも一目置かれる「小宮流ツカミとオチを磨く61の技術」!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    6
    5
    0
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/14Posted by ブクログ

      能力向上させてたくて読書。

      タイトルからだと話術についての本と思う人もいるが、もっと広く深い部分から直結するものだと説明している。

      後半の文章の書き方についてが参考になる。

      論理的な文章よりも「...

      続きを読む
    • 2012/08/19Posted by ブクログ

      ●GDP
      →国内総生産→作り出された付加価値→(売上ー仕入原価)
      GDPが大きく扱われる理由
      →会社の付加価値の使い道
      →給料
      →付加価値減れば、給料の原資が減るから→給料減るから。

    • 2011/06/19Posted by ブクログ

      あんまりタイトルと中身一致していないですが、(誰とでも15分以上話が~を意識!?)
      小宮さんの銀行員時代の上司とのやり取りや講演でのテクニックなど小宮さんの今までの本では無かった事例が多く楽しく読ま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード