老いを遅らせる薬 脳と心にここまで効いている

著:石浦章一

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東大人気教授が一から教える、「飲む前に知りたい」薬の話。「日本人は世界一、薬が好きな国民」――家庭薬から抗生物質、サプリメントから漢方薬まで、あらゆる薬品が店先に並んでいる。いつまでも元気で若々しく生きたいと思うのは人情。だからといって何も知らずに薬を飲んで大丈夫?「風邪薬が認知症予防に効果的?」「ビタミンAやEをサプリで摂ると寿命が縮まる?」「ホルモン療法は自殺を招く?」。効能と副作用は表と裏なのだ。そして年を重ねるほどに怖いアルツハイマー病、パーキンソン病、うつ病。これらの治療薬のしくみと最新事情を知り、老いのリスクに備えよう。【内容例】(序)サプリメントはほんとうに効いているのか(1)心の病に効く薬(2)認知症になりやすい人、なりにくい人(3)脳の老いに効く薬(4)認知症は予防できる?(5)パーキンソン病と老化現象(6)元気になる薬(7)薬はどのようにつくられるのか

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/20Posted by ブクログ

      石浦章一 著「老いを遅らせる薬」、2011.9発行です。日本人は世界一、薬(家庭薬、抗生物質、サプリメント、漢方薬・・・)が好きな国民とのことですが、健康のためには、バランスのいい食事、適度の運動、生...

      続きを読む
    • 2012/03/11Posted by ブクログ

      専門用語へのフォローが少なく、編集サイドのフォローが欲しいところ。
      アスピリンの万能感は、そうではないと書かれても感じてしまう。

    • 2011/12/11Posted by ブクログ

      アルツハイマー病について、アミロイド・ベータのワクチンによる予防、アミロイドPET検査による早期発見など、いろいろ勉強になりました。

    セーフモード