お坊さんが教える イヤな自分とサヨナラする方法

著:小池龍之介 画:カモ

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一見すると幸せそうにしている人でも、他人に見せないところでは多かれ少なかれ「イヤな自分」を抱えています。人に嫉妬していたり、優柔不断だったり、ケチケチしていたり、心の中で他人の悪口がうずまいていたり、見栄を張りたかったり……。これらの「イヤな自分」=「イヤな性格」が心を支配してしまうときは、苦しくて、表情や話し方もキツイものになってしまい、自分の魅力を失ってしまいます。他人との関係もうまくいかないものです。本書では、話題の青年僧侶が、自分の中の「イヤな部分」とサヨナラして、心穏やかに幸せに生きる方法を解説します。“「お人好し」は性格がいいの?”“自分をいじめて、バーチャルな幸せを感じるのはやめよう”“「嫉妬する」心のメカニズム”“「悪口でストレス発散」は錯覚”など、目からウロコの幸せの法則ばかり。オールカラーのイラストとともに紹介します。「性格美人」な自分になって生きるのが楽になる本。

    続きを読む

    レビュー

    2.7
    10
    5
    2
    4
    0
    3
    4
    2
    1
    1
    3
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/03/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/02/27Posted by ブクログ

      あまり参考にならなかった。綺麗事のように感じてしまった。「〜がだめ」「〜がいい」と言われても、納得できる部分が少なかった。

    • 2015/08/11Posted by ブクログ

      性格のいい人とは
      自分の心がきれいな人

      仕事は経済活動

      「やりたいこと」と
      「やるべきこと」は違う

      むやみにうらやむのはやめましょう

      現実を忘れさせる刺激で
      心が癒やされるということは
      多かれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード