こんなに面白かった「百人一首」

監修:吉海直人

610円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「百人一首」に詠まれているのは、今に通じる人の思い。美しい桜に感動したり、出世できずに嘆いたり、浮気な恋人を恨んだり……。そこに詠み人の“思い”を感じれば、難しい勉強などしなくても、和歌に親しむことができるのだ。本書では、歌の成立背景から詠み人の人となりまで、「百人一首」を味わうためのポイントを紹介。楽しみながら、古典をぐっと身近に感じられる一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/30Posted by ブクログ

      歌の作者の人となりから歌を解説してる本。掛詞の説明はあるけど、他の文法の解説は無いので古文の勉強をしたい人は注意。どちらかというと日本史の勉強になる。百人一首入門にはおすすめ。 確かにこんなに面白かっ...

      続きを読む
    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      声に出して読みたくなる本。
      心の機微に触れて、ハッとする気づきがたくさんあった。スマホばかりいじってたらダメだなって思った。
      -
      ★概要
      「百人一首」に詠まれているのは、今に通じる人の思い。美しい桜に...

      続きを読む
    • 2012/03/16Posted by ブクログ

      中学・高校・大学(日本文学系)の授業で散々取り上げられてきた百人一首だが、「たいくつだった~。」「意味がわからなかった。」「つまらなかったぜ…。」という方にお勧め♪
      わかりやすい現代式に直されているか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード