彼女を言い負かすのはたぶん無理 3

著:うれま庄司 イラスト:しらび

610円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    学校に無断で公開ディベートを行ったため、九重崎アイラは自宅謹慎処分に。部活はアイラ抜きの状態で行われ、桜井祐也と橘詩織が急接近していく。徐々に自分が桜井のことを好きであると自覚するようになる詩織。しかし、詩織は今の生活が楽しいし、告白することで関係が壊れることが怖い。それに、アイラの気持ちにも気がついているため、裏切るようなことはできず、告白できずにいた……。そんな三角関係を、要所で「ディベート」を絡ませながら描くディベート・ラノベ第3巻!

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    0
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/09/24Posted by ブクログ

      今回は橘ちゃんの回ですね.
      前回の末に告白された桜井くんが鈍感でヘタレ.
      部活動背部の危機.

      「僕は友達が少ないって言ってる奴に限って毎日異性に囲まれてリア充してるよな」

      的な発言に草が生えた.
      ...

      続きを読む
    • 2013/02/10Posted by ブクログ

      表紙の通り橘さんのターン。アイラ先輩もだけど、やっぱり恋する乙女は可愛いですね。第二章は挿絵ともども破壊力がすごい。主人公の超鈍感な上に天然タラシなのは物語をつくる上で仕方がないということで目を瞑る。...

      続きを読む
    • 2012/05/30Posted by ブクログ

      ディベートというものを扱うラノベ第3弾。

      色々と波乱が起きる部活ですなぁ~。
      最後のディベートの部分はかなり楽しかった!
      そこだけでも読む価値はある。

      けど、ラブコメ要素が多くなりすぎているのは個...

      続きを読む
    開く

    セーフモード