気にしない技術

著:香山リカ

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世間、流行、テレビ、職場……もう、ふりまわされたくない!「前向きなのはとにかくいいことだ」――ポジティブ・シンキングの絶対化は、いつしか「前向きでなければいけない」という強迫観念となった。すべてにおいて「頑張らなければいけない」私たち。明るく人づきあいができなければ人格的に否定され、ツイッターや朝活、婚活ブームに乗らなければ無能と見なされる。周囲の同調圧力に耐えかねて「うつ」になったり、やる気を失くしてしまう人が増えるのも当たり前。心が悲鳴をあげている。自分をだますのはもうよそう。世間や職場にふりまわされず、平凡な日常に幸せを感じるコツ。目標は小さくアバウトでいい/責任感は強ければいいわけでもない/「テキトー」って、そんなに悪いことですか?/ギスギスした職場で「心を通わせる」必要はない/健康志向もいきすぎれば体に悪い/あえて情報ツールを駆使しない/焦って「絆」をつくるのはやめましょう……

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    16
    5
    0
    4
    7
    3
    6
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/08/03Posted by ブクログ

      プロローグの内容が、自分ならずっと気にしてしまいそうだなと思う例だったので筆者に感情移入しやすく、非常に読みやすかった。
      凹んだ時に読みたい本

    • 2015/03/06Posted by ブクログ

      気にしないというより、気にし過ぎないことが
      大事なのではないかと感じた。
      テキトー力も時に必要。
      こうでなければとがむしゃらに前進あるのみでは、
      やっぱりどこかでひずみがでてしまうもの。
      白黒はっきり...

      続きを読む
    • 2014/06/04Posted by ブクログ

      「超人」がもてはやされすぎているように思う。殆どの人はそんな真似は無理。この本はそこをやんわり指摘しているのではないか。

    開く

    セーフモード