「間違いやすい日本語」の本 恥をかかないための言葉の知識

著:日本博学倶楽部

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    日本語が乱れている、と言われる昨今。「最近の若者は言葉を知らない」という声もあちこちで耳にします。しかし、日本語はとても難しい言葉なのです。本当に正しく使えていると自信を持っている人は少ないのではないでしょうか。例えば、「寸暇を惜しまず努力する」――この表現の間違いが分かりますか?「惜しまず」が誤りで、正しくは「惜しんで」。誤りに気づかず使ってしまっていた人も多いのでは?このように、一見正しく思える言葉が、実は間違いであることがしばしばあります。私たちが日常よく使う言葉ほど、そこに隠された落とし穴が多くあるのです。本書は、そのような誤用されやすい「日本語」の意外な知識を徹底紹介します。会話で誤用されやすい言葉、敬語の使い方、漢字の読み方、形や読みが似ていても意味が全く違う言葉など、知っているようで知らない言葉の知識が満載です。人前で恥をかく前に、こっそり本書で勉強しておきましょう。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/08/10Posted by ブクログ

      ホント自分の知識の無さに、、、。


      日本語をきちっと勉強しないと恥かく。。。

      小学校中学校の時に勉強していなかったツケかな。


      これから勉強しよっと。

    • 2002/09/28Posted by ブクログ

      日本博学倶楽部の「間違いやすい日本語」の本を読みました。最近言葉の間違いに興味があったのでつい買ってしまったのですが、内容を読んだら間違いの言葉の一覧とその解説が書いてあるだけでした。言葉の間違いを分...

      続きを読む

    セーフモード