Motor Fan illustrated 特別編集 博士のエンジン手帖 4

Motor Fan illustrated 特別編集編集部

1,324円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    もはやエンジン駆動は前世紀の遺物……かもしれん ●まえがき●目次●トヨタ・プリウスのTHS-II「いままでの技術をひとつずつ洗練させ、完成した」●トヨタ・プリウスのプラグインハイブリッド「この気持ち良さに100万円+αを支払う人もおるじゃろう」●アウディのプラグインハイブリッド「走りはかなりええが、回転数はもっと低くてええ」●ホンダのスポーツハイブリッド「ひょっとしたらTHS-IIを超えるかもしれん」●BMWのプラグインハイブリッド「単なる“デュアルパワートレーン”じゃな」●日産のシリーズハイブリッド「思い切って割り切ったんじゃろう」●博士の独白1──日欧のパワートレーン技術戦争●マツダのSKYACTIV-G 1.3「こんなにガソリンがええとは……」●BMWの1.5L直3ターボ「100kWクラスの理想形じゃ」●トヨタの1.2L直4ターボ「天才じゃのうて、秀才じゃあ」●日伊ロードスターの直4エンジン×2「またマツダに一本取られた」●スズキのフルハイブリッド「理想のパワートレーンじゃ」●フォルクスワーゲンの1.0L直3ターボ「苦労を重ねた力作じゃ」●トヨタブランドの1.0L直3ターボ「気持ちよう走れるようになっとる」●ダイハツの660cc直3「軽自動車の660cc制約は撤廃すべきじゃ!」●ホンダの660cc直3ターボ「温故知新でシティターボを見返すべし」●トヨタの燃料電池車「燃料電池が似合うのは、高級車じゃ」●ホンダの燃料電池車「電力が足りんぶんは蓄電池でやればええという発想」●博士の独白2──シリーズハイブリッドの可能性●メルセデスの2.0L直4ディーゼル「新生メルセデスの本番が始まった」●マツダのSKYACTIV-D 2.2「基本はできたけ、熟成しよるんじゃろう」●ジャガーの2.0L直4ディーゼルターボ「ヨーロッパはほとんど同じ技術を入れとる」●アウディのミラーサイクルエンジン「早閉じも遅閉じもミラーサイクルじゃ」●スバルの2.0Lボクサー4「エンジンはエンジン、CVTはCVTで考えとる」●キャデラックの2.0L直4ターボ「アメリカ流のダウンサイジングなんじゃろう」●BMWの2.0L直4ディーゼルターボ「横並びの技術を量産しとるだけ」●トヨタの2.8L直4ディーゼルターボ「最新の技術が全部入っとる」●マツダのSKYACTIV-D 2.2「地球にやさしいのはエンジン車じゃ!」●日産先代リーフ(後期型)「ちょー気持ちええ」●日産二代目リーフ「日産はようやった! しかし売れては困る」●フォルクスワーゲンのe-ゴルフ「ようできとるし、気持ちよう走る」●エンジン手帖番外編 e-POWERで北海道を走る●あとがき●奥付●裏表紙

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード