月刊現代ギター 2018年1月号 No.651

月刊現代ギター編集部

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1967年の創刊以来、50年以上にわたってクラシックギターの最新情報を発信し続ける世界的にも有数の専門誌。1月号表紙は、1月19日、ハクジュホールで行なわれるGGスペシャルニューイヤーコンサートに出演する福田進一。今回ガエダーノ・ガダニーニ(1829)とルネ・フランソワ・ラコート(1840)という2台の19世紀ギターを携えてのJ.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」全曲演奏に挑む福田に、コンサートに向けての意気込みと、2017年に刊行された自身初の書下ろしエッセイ集『6弦上のアリア』について語ったインタビューを掲載する。特集は『ギタリストに訊く右手・左手のテクニック』と題して、指導者としても活躍中の3人のギタリスト、リカルド・ガジェン、ジュディカエル・ペロワ、パブロ・マルケスに、彼らが教えている右手・左手のテクニックの一端を披露してもらう。添付楽譜は「オー・シャンゼリゼ」、「あの万能にして不思議な金属」、「テイク・ファイブ」、「函館の女」、他を掲載。※電子版の発売日は毎月末日となります。 ●広告●目次●広告●「世界のマエストロたち」プロフィール●表紙インタビュー/福田進一●広告●インタビュー/ショーン・シベ●特集 ギタリストに訊く右手・左手のテクニック/解説:リカルド・ガジェン/ジュディカエル・ぺロワ/パブロ・マルケス●コンサート・フォト・レポート●Jiro’s Bar~濱田滋郎対談/大島秀文(リュート奏者)●ギター工房訪問/今井勇一●ポインツ・オブ・ギターテクニック/クアトロ・パロス(前編)●第29回日本ギター合奏フェスティバル●第25回名古屋ギターコンクール●第60回弦楽器フェア2017●新刊案内●外盤案内●新譜案内●めもらんだむ●ブリリアント・クラシックス●あなたの街のギター教室紹介●オールド・ポップス・コレクション/オー・シャンゼリゼ(ウィルシュ&ディーガン)●コンクールインフォメーション●ポピュラー・ヒット・レパートリー/函館の女(北島三郎)●変奏曲から探る19世紀のヒット・メロディー●レパートリー充実講座/羽衣伝説(藤井敬吾) ●a Tempo日記●ロンドン便り●20世紀のギター黄金期●アンサンブルの広場●今月の見どころ聴きどころ●イベント&コンサートガイド●広告●GGショップ案内●広告●GGショッピングガイド●定期購読&バックナンバー●オーダーフォーム●奥付●今月の楽譜解説●ロッシーニ(ディアベッリ編曲)/あの万能にして不思議な金属●デスモンド(冨山詩曜編曲)/テイク・ファイブ●ヘンリー&フライ(岡崎 誠編曲)/デスペラード●ダグラス&ワイス(村石篤重編曲)/この素晴らしき世界 ※ギター二重奏●広告

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード