月刊現代ギター 2016年3月号 No.627

月刊現代ギター編集部

917円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    1967年の創刊以来、45年以上にわたってクラシックギターの最新情報を発信し続ける世界的にも有数の専門誌。2016年3月号特集は「作曲家別エチュード活用法」と題し、3月に自身書き下ろしのエチュード作品集『12 Etudes』をリリースする鈴木大介が、テクニック習得に欠かせない代表的エチュードを紹介。その活用法を伝授する。第二特集は「アンサンブルにおけるチューニング」。チューナーを効率よく使う方法、素早い調弦の手順ついてギタリストにアンケートを実施。添付楽譜は「50の漸進的な小品Op.59より第10番~第18番」、「心の旅」、「明日、春が来たら」他を掲載。※電子版の発売日は毎月末日となります。 ●広告●目次●広告●価格改定のお知らせ●特集 作曲家別エチュード活用法●コンサート・フォト・レポート●表紙インタビュー/益田展行●広告●Jiros Bar~濱田滋郎対談/露木達也(ギタリスト)●愛器を語る/岩永善信(ホセ・ルイス・ロマニリョス10弦)●ポインツ・オブ・ギターテクニック/アルバロ・ピエッリ●インタビュー/荘村清志●インタビュー/ジェレミー・ジューヴ●小原聖子ギターアカデミー50thスチューデンツコンサート●フリーバーズ・ギターデュオ オーストラリア公演●新譜案内●新刊案内●外盤案内●第2特集 アンサンブルにおけるチューニング●あなたの街のギター教室紹介●オールド・ポップス・コレクション/心の旅(財津和夫)●めもらんだむ●ポピュラー・ヒット・レパートリー/明日、春が来たら(松たか子)●コンクール・インフォメーション●エチュード・パブ/ラ・メランコニアOp.148-7(ジュリアーニ)●アンサンブルに聴く巨匠の名技/1950年代生まれの名手たち●a Tempo日記●レパートリー充実講座/バラード(バカリッセ)●ロンドン便り●アンサンブルの広場●今月の見どころ聴きどころ●イベント&コンサートガイド●広告●GGショップ案内●広告●GGショッピングガイド●定期購読&バックナンバー●オーダーフォーム●奥付●今月の楽譜解説●カルカッシ(原 善伸編曲)/50の漸進的な小品Op.59より第10番~第18番●ソレール(劉明睿編曲)/ソナタ・ホ短調R.106 ※二重奏●レベッカ(岡崎 誠編曲)/フレンズ●冨山詩曜/「イルミネーションズ」より ヴァニラ・ホワイト●アルカス/ラ・サルタリーナ●広告

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード