Discover Japan 2018年12月号

Discover Japan編集部

713円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    日本の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する雑誌。 何百年と受け継がれている陶磁器や染物、建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、 美しい写真とともにわかりやすく解説。本書を持って旅に出たくなる一冊です。 ※紙版掲載の広告については一部掲載しておりません。 ●TOPICS New Open●TOPICS New Products●TOPICS New Fashion●TOPICS Exhibition●目次●特集 目利きが惚れ込む職人の逸品●9人の目利きが厳選する職人の逸品●バイヤー・山田 遊さんと、燕三条で職人のプライドに出合う●シンプリシティ緒方慎一郎さんが日本の職人と生み出す 世界が憧れる逸品●MADE with JAPAN in 奄美大島 大島紬の技が世界と出合う。●京都の職人技を体験しよう●エプソンの工場に潜入! 独創の腕時計が生まれるまで。●いま、香川デザインの職人技に注目です。●パナソニックの新炊飯器、職人以上にいい仕事します●「白鶴錦」誕生物語●日本の食文化、世界のリゾートへ●シャンパーニュ界の貴公子KRUGのクラフツマンシップ●厳選カタログ ニッポンのワードローブ銘品図鑑●手縫いでつくられるmincaのレザーアイテム デスク脇に職人技を。●「SANGOU」が再発見する日本の職人技 Vol.1 京都紋付/京黒紋付染●ジャパン・ハウス ロンドンで脚光を浴びた イギリスも驚いた新潟・保内の庭園文化●海を渡った日本のキモノ●本物の職人 撥鏤匠/守田 蔵●地域の名物をブランディングする「地域団体商標」って?●第2特集 スノートリップ宣言●滑りはもちろん、アフタースキーも満喫! 冬の楽園へようこそ●作家・柏井 壽さん ハマグリ尽くしと朝市の桑名食い倒れ旅へ●京都から発信する移ろいゆく“愛”のかたち●食通&魚介好きが集結 ビッグデータが離島を元気にする!●小豆島がオリーブの島になって110年が経ちました。●世界も注目! あたらしい仕事をつくるひと クリエイティブディレクター/斉藤 迅●熊本県山鹿市 熊本発のワイナリー、誕生!●地域ブランディング協会通信●ホテルジャーナリストせきねきょうこの「星のやものがたり」 第3回 星のや富士●犬養裕美子の新・ニッポンのレストラン名鑑●鞄とわたし。 Supported by master-piece●橘ケンチの今宵のSAKE●大熊健郎のR40的 東京名店探訪●おくだ健太郎の歌舞伎キャラクター名鑑●畑中章宏の地名歳時記●写真家・荒木則行の11月の絶景●はじまりの奈良●丸の内発26時●スタイリスト・高橋みどり ただいま、ニッポンのうつわ●DJ Meeting Table●culture clips●お菓子研究家 福田里香の民芸お菓子巡礼

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード