Discover Japan 2016年7月号

Discover Japan編集部

509円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    日本の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する雑誌。 何百年と受け継がれている陶磁器や染物、建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、 美しい写真とともにわかりやすく解説。本書を持って旅に出たくなる一冊です。 ※紙版掲載の広告と「目次」「お茶をより楽しむための、もうひとつの茶道 堂本剛、煎茶道を知る。」「ブックディレクター幅 允孝の「あの人を忘れたくない」」の記事内の一部画像については掲載しておりません。 ●TOPICS1-5●DRESS UP JAPAN~日本人のドレスアップについて~●ホテルジャーナリストせきねきょうこのワンダフルホテルライフ vol.10 淡島ホテル●目次●特集 世界はすでに日本茶の魅力に気づいている。●SIMPLICITY 緒方慎一郎さんに聞く 最先端の日本茶の愉しみ方はここからはじまった●日本茶、世界を席巻中!●アメリカ・ロサンゼルスに拠点をもつ山本山が語る 米・西海岸で日本茶が流行っている5つの理由●あの人も、日本茶に夢中です! ユナイテッドアローズ名誉会長 重松 理さん流、お茶の愉しみ方●世界へつながる日本茶最前線 丸若屋・丸若さん、世界へ届けるお茶を発見(嬉野茶・茶師 松尾俊一)●いま世界を虜にするお茶(大和茶・ティーファーム井ノ倉)●世界が夢中になる玉露 何が違うか知っていますか?(宇治茶、八女茶)●フーデリコ・奥村文絵が世界を知って選択したもの(朝宮茶・かたぎ古香園)●福岡・うきはで有機ひと筋、40年(うきはの山茶・新川製茶)●あらためて知りたい日本茶のこと●特別鼎談 杉本博司×千 宗屋×細見良行 茶の心と酒としつらえ●お茶をより楽しむための、もうひとつの茶道 堂本剛、煎茶道を知る。●日本の伝統美を再解釈した現代の茶室 artless craft tea & coffee●Column お茶の時間にいかがでしょうか? 世界が絶賛した和菓子ブランド「五穀屋」●すべてお取り寄せ可能! 日本全国お茶カタログ●各界著名人12人の「お気に入りのお茶」を教えてもらいました●日本茶インストラクター・「茶茶の間」店主 和多田喜さんが選ぶ いま飲みたい日本全国の茶葉カタログ●全19種! お茶の名産地・静岡県は種類も日本一●いま注目すべきは“地紅茶”●ワインではなくお茶で乾杯! ボトリングティーを知っていますか?●ハイブリッド冷茶をいれてみよう●Discover Local●連載 いま注目される地域の理由とは? vol.7 福井県福井市●地域ブランドクリエイターズファイル デザインディレクター/服部滋樹●地域ブランディングに役立つ企業ガイド vol.2 ヤマハ「おとまち」●地域ブランディング協会通信●新連載 地域の最先端事例集 Extreme Journal vol.1 ナビゲーター・谷中修吾●写真家・工藤裕之が撮りたくなる「初夏の奥入瀬」●森里川海をつなぎ、支える人たち●新連載 にっぽんモニュメント●GLOBAL VIEWS●JFNサードプレイスDIAGRAMラジオで街おこし!●奥付●スタイリスト・高橋みどりの「ただいま、ニッポンのうつわ」●レストランコンシェルジュ 犬養裕美子の「会食名人養成講座」●歌舞伎でめぐるニッポン●あなたの知らないニッポンの祭●ワクサカソウヘイ 堀 道広の「今日も異界へピクニック」●丸の内発26時●赤峰幸生の「和魂洋装物語」●CLASKA Gallery&Shop“DO” 大熊健郎の「はじめまして、骨董」●DJ Meeting Table●culture clips●ブックディレクター幅 允孝の「あの人を忘れたくない」●お菓子研究家 福田里香の「民藝お菓子巡礼」

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード