【最新刊】Discover Japan 2019年12月号

Discover Japan

93冊

Discover Japan編集部

800円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する雑誌。 何百年と受け継がれている陶磁器や染物、建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、 美しい写真とともにわかりやすく解説。本書を持って旅に出たくなる一冊です。 ※2019年1月まで、「エイ出版社」名義で配信していたものと同一の雑誌です。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ●表紙●TOPICS New Open●TOPICS New Products●TOPICS New Fashion●TOPICS Exhibition●目次●隈研吾が暮らす神宮の杜●世界のラグジュアリーブランドが注目するクラフトの力。「カルティエ、時の結晶」が国立新美術館で開催中! クラフト先進国・日本の技術にロエベも注目。●特集 愛用品、いくつ持ってますか? 人生を変えるモノ選び。●いま知っておきたい逸品1 RYOTA AOKI POTTERY/陶器「10万の釉薬が拓く、陶芸の新世界」●いま知っておきたい逸品2 淺野鍛冶屋/棒樋「短刀をヒントに“世界一切れる”包丁が生まれた。」●いま知っておきたい逸品3 まる工芸/オーバルボックス「“用と美”が詰まった魅惑の箱」●いま知っておきたい逸品4 木下 宝/ボトルオリジン「1本のワインボトルに吹き込まれた原点回帰のアップサイクル」●いま知っておきたい逸品5 かみ添/二つ折りカード「暮らしに寄り添うモダンな唐紙」●いま知っておきたい逸品6 cantáte/Aviator Coat「職人たちの連携が生む極上のパイルコート」●愛され続けて40年! 一生モノの答えを求めて土楽窯へ。●スイムスーツ・デパートメント 郷古隆洋が教えるカジュアル骨董のススメ●縫い目がないのが逸品の証し●フォーマルウェアの老舗・カインドウェアでオンリーワンのブレザーをつくろう!●DJアワード発表します! rooms 39を彩った逸品たち。●BESSのカントリーログでかなえる愛着のある暮らし●いまこそ行きたい、神聖な大自然が広がる地へ BMWでめぐる伊勢志摩の旅●ライカで見つける本物のニッポン 第二回:佐賀・唐津の職人の元へ出張写真部!●渋谷PARCOで全部買える! Discover Japan Lab. SHOPPING MANUAL●この秋、渋谷にPARCOが帰ってくる! 坂の上から、新たな文化が生まれる●Discover Japan Lab.大解剖!●大蔵山スタジオ/伊達冠石●輪島キリモト/輪島塗●DINING OUT WAJIMA with LEXUS 伝統の地・輪島で結実した最先端のコラボレーション●ONESTORY×Discover Japan×隈研吾 DESIGNING OUT「石川県・輪島」 隈研吾デザインの輪島塗、ついに完成!●鉄、木、ガラス、繊維…… アイデアをかなえる江東区のものづくり●Claska Gallery & Shop“DO” ディレクター・大熊健郎 「界 鬼怒川」に息づく 自然と手仕事を体感●ダンサーSAMさん、能楽師に弟子入り!●日本の冬は楽しい。●スノーリゾートへ行こう スキーとは旅である。●知床の冬 写真=石川直樹●世界も注目! あたらしい仕事をつくるひと cosmos/内田喜基●作家・柏井壽の逸宿逸飯 赤倉観光ホテル●犬養裕美子の新・ニッポンのレストラン名鑑●EXILE 橘ケンチの今宵のSAKE●スタイリスト高橋みどり 食卓の匂い●大熊健郎のR40的 東京名店探訪●おくだ健太郎の歌舞伎キャラクター名鑑●丸の内発26時●HANEDAの未来●はじまりの奈良●絶景プロジェクト●DJ Meeting Table●culture clips●写真家・荒木則行 風景を研ぐ●お菓子研究家 福田里香の民芸お菓子巡礼

    続きを読む
    ページ数
    188ページ
    提供開始日
    2019/11/06
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード