【最新刊】GP Car Story Vol.33

GP Car Story

GP Car Story編集部

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    車体との不調和で活かし切れなかったチャンピオン印のV10パワー ●The culmination──Prologue●目次●中嶋 悟×森脇基恭──史上初の誌面対談●期待と結果の収支はたぶんマイナス でも、乗せて走った夢の輝きは最上級──Flash Back●タカラの持ち腐れ──020 Gallery●先進のコンセプトを置き去りに──ジャン-クロード・ミジョー インタビュー●020 Variations──レースごとの仕様とモディファイ●ロワウイッシュボーンをどうするか?──ジョージ・ライトン インタビュー●退化し絶滅したカモメ翼──GP Car Column1●V10にも継承されていたホンダ・イズム──白井 裕インタビュー●020 Detail File──マシンの細部を探る●信頼性、耐久性重視の開発秘話──坂井典次インタビュー●チャンスを逃し、未来が変わった。──ボブ・ティレル インタビュー●短命に終わった異例の協力関係──GP Car Column2●叶わなかった期待──ステファノ・モデナ インタビュー●“地味な”男が最高に輝いた週末──1991年第4戦モナコGP●あの日、鈴鹿は中嶋だった──1991年第15戦日本GP●レジェンドの美学──GP Car Column3●セナ+マクラーレン・ホンダ、薄水の連覇 1991年のF1世界選手権を振り返る/ティレル020全戦績●020、その後の戦い──EXtra Variations●片山右京 “戻りたくない”シーズン。──EXtra Interview●次号予告/プレゼント●Epilogue●裏表紙

    続きを読む
    ページ数
    100ページ
    提供開始日
    2020/10/07
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 一番乗り
      Vol.33巻2020/10/11
      本の内容は良いんですが、電子書籍ではダメ

      本の内容は良いんですが、文字が小さい。拡大も出来ないので結局紙版を買いました。
      プラモデルの資料としても活用したいと思うならこの手の冊子は紙版が絶対必要です。

    セーフモード