日本人の底力 世界は「わが民族の叡智」を求めている

著:北尾吉孝

1,300円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    今回の大震災で世界中の人々が、混乱の中で示される日本人の忍耐強さと寛容の精神、助け合いと同朋意識の強さ、さらには決死の覚悟で原発に放水する消防庁や自衛隊の人々に心を打たれている。日本人は歴史的にこのような崇高な精神を受け継いで独自の文明、社会を築き挙げてきた。それが期せずして再評価されているのだ。本書では、碩学・安岡正篤氏の『日本精神の研究』など優れた日本論をヒントに、経済界有数の論客である北尾吉孝SBIホールディングスCEOが、今後この国が進む道を明示する。「象形文字と音標文字を持つただ一つの民族」「回帰すべき無我の文化」「中国ではなく、日本だからできる理由」「経済的国際化は日本人の特質をなくすことではない」「TPP加盟は日本のマスト」「ソブリン・ウェルス・ファンドの創設を!」など、日本の伝統精神をベースに考えられた経済戦略は、多くの示唆に富む。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      日本人の底力というか、潜在能力は高いのは確かですが、書かれている通り、うまくまわってない点が多いのも確か。
      著者は、ほんといろんな観点で考え、勉強していることを感じます

    • 2011/05/01Posted by ブクログ

      本のタイトルと内容が若干ずれている気が。。
      半分以上は、安岡正篤と森信三を引用しただけというイメージが残った。

      また、東洋思想のことを偉そうに語ってるくせに、石原都知事の発言の真意がわからないとは。...

      続きを読む

    セーフモード