【最新刊】人体工場

人体工場

1冊

著:仙川環

589円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    大量のたんぱく質が尿に出ているのに、腎機能にはまったく異常がない――。美人医師・若松みなみの検査を受けた三流大学の学生・真柴徹は、以前に軽い気持ちで参加した治験のバイトに疑いを抱いた。一緒に治験を受けた火野美紀とともに、真相を探り始める真柴。だが、彼女が突然行方不明になってしまう。美紀を救うべく、単身敵地に乗り込んだ真柴は、恐るべき計画の存在に気づいたのだが……。医療ミステリー最新作。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHP文芸文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    2.7
    39
    5
    0
    4
    5
    3
    19
    2
    15
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/08Posted by ブクログ

      読みやすい文章でなかなかに面白かったですねぇ…個人的にはタイトルが気になって手に取った次第なんですがまあ、内容の方もなかなか…著者が昔、医療系の新聞記者をやってたとかでそういった経験も生かされている内...

      続きを読む
    • 2018/11/13Posted by ブクログ

      報酬に釣られ、怪しい治験に関わってしまった学生・真柴。

      治験後の健康診断で尿に蛋白が大量に排出され、相談した美人医師・若松と同じ治験を受けた派遣社員の女性・火野とともに真相を探ろうとする。

      ...

      続きを読む
    • 2018/05/20Posted by ブクログ

      面白かった。けど、もうひと山欲しいかな-。
      主人公が平凡な(平凡以下かw)大学生ってのが親近感が湧く。…ただ、ストーリーは非現実だが。。。

      人体工場…never let me goみたいなことを想像...

      続きを読む
    開く

    セーフモード