若さに贈る

著:松下幸之助

500円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

戦国の武将、豊臣秀吉は自分をよく知り、それを活かしていた人物だったため、草履取りから異例の出世をした。翻って自分の適正は何なのか、と考えても答えはなかなかみつからないのではないだろうか。考え込む前に今からできることは、好奇心、熱意を基礎に世界を広げることである。視野が広がれば新たな発見があり、多くの収穫を得ることができるであろう。本書には、松下幸之助が苦悩の青少年時代から人生を切り開いて得た知恵が語られている。「誠意」や「努力」、「命がけ」といった思いを根底とし、壁にぶつかったときにどうすべきか、新鮮な発想をするにはどうすべきかなど、数々の答えがこめられている。あらためて見直す思いの中には、実は究極の答えが潜んでいるのである。その思いを時代に合わせて応用していくことで、職場をささえ、家庭をささえる力が生まれてくる。これから世に出る若者たちが将来へ飛躍する土台を築くための必読の書である。

続きを読む

レビュー

4.2
9
5
3
4
5
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/07/28Posted by ブクログ

    誠心誠意生きるのをテーマとした本。この本を10代で読めば大いに発奮するだろうが、すれた大人が読むと妙に反発してしまう。ルーブルの絵を見て、戦争の歴史を感じる筆者に教養の大事さを感じる。

  • 2015/04/17Posted by ブクログ

    もはや若くないだろう、というツッコミはなしで…
    30歳を迎えて、若さについても考える今日この頃。

    55年前に60歳だったおじいちゃん(失礼!)によって書かれた本であるという事実が信じられなくない、現...

    続きを読む
  • 2015/03/31Posted by ブクログ

    かの有名な松下幸之助がこれから社会に出て行く若者たちに向けて、書いた書籍。
    1966年刊行なので、ところどころの描写から当時の時代背景がいかに消費が盛んで、人々が高揚していたかを窺い知ることができる。...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード