[新装版]思うまま

著:松下幸之助

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平成元年4月27日に94歳の生涯を閉じた松下幸之助は、その生涯を通して、人間のこと、事業のこと、社会のこと、日本のことを考えつづけてきた、本書は、PHP誌に「思うまま―身辺雑話」として連載したものの中から、248篇を厳選し、加筆補正したものである。文字どおりその時々の「思うまま」を述べた内容であるが、その言葉の中には、人々の幸せを強く願う気持ちがこもっている。混迷する現代にあって、人生の指針を見失ったり、生きるための知恵をもとめている人々に贈る、心からのメッセージである。なにげなく送っている毎日の暮らしや、日々の仕事の中から新たな発見と喜びを見出すには、どうすればよいのか。また、幸せな人生を送るためには、何が必要なのか。松下幸之助が考えた、生きるための知恵の言葉の数々が、時代を越えて、いまここに鮮やかによみがえる。まさに、現代を生きるための「バイブル」とも言える一冊。

    続きを読む

    レビュー

    4
    5
    5
    0
    4
    5
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      キーワードを作るのがうまいなぁ、と思わさせる本気。知のカクテルなど。社内だけでなく、代理店や世間に端的に伝えていくことから、身についたのだろう。見習いたい。

      また、世の中の全てのことに不要なことはな...

      続きを読む
    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      誤解を恐れず言えば、ビジネスマン用の現代版聖書。逆境においては勇気が出る。迷っているときは指針になる。甘えがあれば戒めになる。今までのことを振り返りながら図書館で読み終わり、買い直したくなるような、そ...

      続きを読む
    • 2015/02/04Posted by ブクログ

      松下さんが生きていらっしゃった時からだいぶ時代は変わったと思うのだが、響く言葉がたくさんあることに偉大さを感じる。中には未来を見透かしていたのではないかという内容さえある。
      急激な時代の変化に対応しな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード