親の品格

著:坂東眞理子

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇〇七年最大のベストセラー『女性の品格』待望の続編。少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった親子関係のあり方を、六六の例をあげて具体的に語る。幼い子どもを健全に育むためには?子どもの豊かな人間性を養うためには?社会的マナーをしっかり身につけるには?能力や個性を発見し磨くためには?働きながら子育てをしている母親をはじめ、父親にもぜひ読んでもらいたい一冊。また、成長した子と親が大人同士のつきあいをするとき、衰えた親が子の支えを必要とするとき、親と子はどうつきあい、支えあえばいいのか。著者の体験をもとに、いまの時代にふさわしい新しい考え方、振る舞い方を提案する。「子どもの機嫌を取らない」「みんなで食事をする」「手伝いをさせる」「約束は必ず守る」「悪口は言わない」「いじめをしない子に育てる」「正しい日本語を使う」「お金の経験を積ませる」「挫折を忍耐強く見守る」「親の介護」etc.

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    57
    5
    5
    4
    19
    3
    27
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

      女性としての品格より、人間として根本的なことが多い本
      改めて自分の品格を下げないように行動したい


      礼状をこまめに書く
      ネガティブな言葉を使わない
      ありがとうを伝える
      好奇心と向上心があれば、どんな...

      続きを読む
    • 2019/10/24Posted by ブクログ

      良かった。当たり前のことしか書いてないので特にここがこうというところもないが。昔ながらの古き良きという感じか。

    • 2019/05/04Posted by ブクログ

      品格に期待しすぎた?!
      あたりまえのことが書かれていただけだった。

      ・こどものできたことをほめ、自信をもたせる。
      ・弱い者をいじめてはいけない。
      ・勉強は、強制しない。

    開く

    セーフモード