家康と正信 戦国最強の主君と補佐役

著:童門冬二

589円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川家康の陰のブレーンとして、その知謀を天下取りのために如何なく発揮した本多正信。79歳で没するまで、約40年という歳月を家康の頭脳の一部として送った彼は、まさしく真の補佐役だったといえる。三河一向一揆で主君に反旗を翻した男が、流浪の日々を経て帰参したのは、40代になってからであった。自らを不忠の臣とする思いを払拭できない彼は、その後は家康を主人としてではなく、師として仰ぐことを誓い邁進する。甲州計略、江戸の町づくりと家臣の知行割りなどに手腕をふるい、君臣の二人三脚は「水魚の交わり」といわれるまでにいたる。そして、豊臣氏から天下を奪い、徳川幕藩体制を盤石なものに築き上げていく。本書は、一度は背いた男を最高のパートナーにした主君と、献身的な忠誠で才能を遺憾なく発揮し続けた補佐役の生涯を、歴史に取材しつつ“組織と人間”の問題を描き続けてきた著者ならではの筆致で、みずみずしく描いた歴史小説である。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/09Posted by ブクログ

      徳川家康の陰のブレーンとして、その知謀を天下取りのためにいかんなく発揮した本多正信。三河一向一揆で主君に反旗を翻した男が、流浪の日々を経て帰参したのは、40代になってからである。その後、「水魚の交わり...

      続きを読む
    • 2010/07/01Posted by ブクログ

      徳川家康の陰のブレーンとして、その知謀を天下取りのためにいかんなく発揮した本多正信。三河一向一揆で主君に反旗を翻した男が、流浪の日々を経て帰参したのは、40代になってからである。その後、「水魚の交わり...

      続きを読む
    • 2010/05/14Posted by ブクログ

      作者の考え方が多く表現された小説に感じました。

      http://blog.livedoor.jp/maikolo/archives/51063938.html

    開く

    セーフモード