火山はすごい 日本列島の自然学

著:鎌田浩毅

699円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    富士山は再び噴火するのか?噴火したらどうなるのか?住民の避難がつづく三宅島の今後はいかに?――今まさに日本の大地は、活動期を迎えている。本書では、火山に魅せられ第一人者となった著者が、噴火災害の基本的かつ実用的な知識を、五つの火山を通してわかりやすく解説。「火砕流」「マグマ水蒸気爆発」「ハザード・マップ」「割れ目噴火」…火山列島に住む我々がぜひ知っておきたい用語・情報を、具体例の中で紹介する。同時に、「北海道まで飛んだ阿蘇の火山灰」「富士山の下に眠る二つの火山」「普賢岳の頂上より高い平成新山」「三宅島の噴火は二〇〇四年のはずだった」など、興味深いエピソードを満載。著者の人生をも変えてしまった、火山の魅力に迫る。<目次>1.阿蘇山―火山学者漱石誕生!?2.富士山―美しさも期間限定?3.雲仙普賢岳―自然は人知を超えている4.有珠山―噴火予知成功!5.三宅島の七不思議面白くて役にたつ自然学の入門書。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/22Posted by ブクログ

      幸田文の「崩れ」を読んでから有珠山のことが気になって。
      成功例だと思ってたけど終息予測も大変なんだな。

    • 2011/10/26Posted by ブクログ

       冒頭自作の詩で始まるのには驚いた。いかに火山が美しいか,滔々とうたっており,随分と熱がこもっている。内容は普通に火山についての啓蒙書。阿蘇山,冨士山,雲仙普賢岳,有珠山,三宅島の超有名五火山について...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/04/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード