愛蔵版 戦国名将一日一言

著:童門冬二

1,799円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦国名将の言葉が、元旦から大晦日まで、一言ずつ選ばれ、それにまつわるエピソードが紹介される、歴史ファンなら必携したい一冊が、愛蔵版として刊行された。戦国武将たちは、決して無筆無知識ではない。当時の最高の知識人である僧を必ずブレーンに持ち、日々、知識や情報を学び、自己を磨いていた。その知識の記録が、書面や言い伝えによって残されている。そのため、言説は短文化され、さながら、名言の趣を呈するものが数多くなっている。信玄や謙信、信長や秀吉らが、「結論」だけで、ことの一切を言い切る、味わい深い言葉集となっている。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/09/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/05/01Posted by ブクログ

      【49/150】がっかり。★1つでもいいかもしれん。最初の数ページ読んでそう思ってしまった。紹介されている一日一言は別に悪くないんだけど、その解説がちょっと幼稚ぽいというか、口語文にしすぎというか、恪...

      続きを読む

    セーフモード