だれにでも「いい顔」をしてしまう人 嫌われたくない症候群

著:加藤諦三

679円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一見すると明るく社交的だが、心の奥はさびしくて不安。「ありのままの自分」に自信がなくて、他人の同情や歓心を得ようとイヤとは言えずその場をとりつくろう。「私だけが我慢している」と不満は募る一方。好意すら敵意と誤解する。他人に好かれることが生きる目的になってしまった不幸な人たち。自分の気持ちさえ見失い、優しい言葉をかけてくれる「ずるい人」にだまされる。しまいには人と接するのが恐怖になるのだ。嫌われてもいいじゃない!「いい顔」をやめたら、人生はラクになり、本当の味方が見えてくる。[「嫌われたくない症候群」はこんな人]◎友だちがいっぱいいるフリをしたり、幸せだと誇張する◎「かわいそう」「つらかったのねー」といつも慰めてほしい◎ことなかれ主義者で、自分からとにかく謝ってしまう◎他人の眼差しが気になり、心の底を見られるのが怖い◎自分が相手を嫌いなのに、相手が自分を嫌いだと思いこむetc..

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    24
    5
    6
    4
    6
    3
    7
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/13Posted by ブクログ

      嫌われる勇気、一人で生きていける自信と能力を身に付けること。さもなければ、心に不満を抱えたまま生きて行かなければいけないし、ズルい人にいいようにされてしまう。
      無自覚だけど、周りにはズルい人っているん...

      続きを読む
    • 2017/08/03Posted by ブクログ

      相手によっては、思っていることをすぐに言えない。
      言いたいことがあるけど、言うのを躊躇してしまう。
      ということが日常的にある人も多いのではないでしょうか?

      特に、面識のない人に対しての場合や、
      自分...

      続きを読む
    • 2016/05/28Posted by ブクログ

      何にもしなくても嫌われる時は嫌われるし、怒られる時は怒られる。

      だいたいスルーしてればokってことかな。自分が正しいと思うことをしよう。

    開く

    セーフモード