不安のしずめ方 人生に疲れきる前に読む心理学

著:加藤諦三

569円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    失敗して笑われるくらいなら、しないほうがマシだ。誰かに悪口を言われているのではないか。いちいち許可を得ないと、怖くて仕事がすすめられない。――そんなふうに、「心」をすりへらしながら生きていませんか?「不安」に支配されると、人は消耗していきます。「心」にとっての最大の敵は、「不安」なのです。それに押しつぶされることなく、もっとふくよかな心で生きるために、今できることがあるのではないか?本書は、そんな思いを抱く人のための、人生の危機管理の本です。「現状にしがみつくから、挑戦できない」「迎合する人は傷つきやすい」「人から嫌われて困ることは何もない」「理想の自分に執着しない」……など、私たちが抱く不安の原因を考え、その対処法を明らかにしていく。さらに、少しでもラクに生きてゆくための「心の習慣」を、著者自身の経験をふまえながら提案する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/12/17Posted by ブクログ

      超いい本だった。1時間ほどで一気に読み終えた。
      他人からの評価などを気にするから、不安になるということらしい。人に迎合しても良いことはない。

      >自分を信じられない人は 、無駄な努力をします 。無駄な...

      続きを読む
    • 2011/05/27Posted by ブクログ

      毎日不安が消えなくて、どうにかしたくてこの本を読みました。

      「できるだけのことをすればいい。
      仕事の不安も子育ての不安も、やるべきことをするだけで気持ちは落ち着いてくる。
      不安は毎日の生活の手抜きの...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/01/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000108816","price":"569"}]

    セーフモード