受験は要領 テクニック編 「参考書は何をどう使うか」から、効率のいい勉強法・生活術まで

著:和田秀樹

569円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    受験というのは、まずあきらめた奴が落伍し、体調をこわした奴が脱落し、その次に運のない奴が落ち、そして残った者のなかで、得点力の無い奴が落ちる。そんな過酷な一年間のレースなのだ。だから、不安になる。実際にどう勉強すればいいのか?どう生活すればいいのか?他人はどうしているのか?気になって悩み考えてしまうもの。そんな迷える受験生たちに贈るのが本書である!前著『受験は要領』が「思想書」であるならば、本書は受験技術の「兵法書」だ。前作では語られなかった、受験生を取り巻くあらゆる要素についての和田式受験テクニックを完全公開!「一点でも増やすための答案作成術とは?」「短時間で弱点を克服するコツは?」「テレビは見てもいいのか?」「夏休みの過ごし方は?」「受験と恋愛は両立できるのか?」など、何を、どこまで、どうすれば合格できるかを詳細に解説。この本を手にしたその日から、驚異の逆転劇が始まる――。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    5
    5
    3
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/25Posted by ブクログ

      「受験は要領テクニック編」3

      著者 和田秀樹
      出版 PHP文庫

      p14より引用
      “受験というのは、まずあきらめた奴が落伍し、体調をこわした
      者が脱落し、その次に運のない奴が落ち、そして残った者のな...

      続きを読む
    • 2013/01/20Posted by ブクログ

      この人の言ってることが中々真相ついていて読むだけで勉強のやる気が出てきたのでこの本はすごいです。

      ですが和田さんのほかの本を読んでいると全くこの書と違った意見を言う(数学は暗記といって言いたが今は理...

      続きを読む
    • 2012/11/27Posted by ブクログ

      毎回参考になるが、受け入れられるところは受け入ればいいと思う。でもなるほどな〜と思うコトが多い一冊。

    開く

    セーフモード