心の休ませ方 「つらい時」をやり過ごす心理学

著:加藤諦三

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    からだが疲れたら、休憩や睡眠をとれば回復する。では、生きることに疲れた心はどうすればラクになるのだろうか。真面目に頑張っているのに、なぜか報われない――本書は、そんな現代人のためのメンタルヘルス読本。「人生には、頑張る時と休む時がある」という著者が、なぜ心を病むのか、その時どうすればいいのかをアドバイスする。ストレスにさらされ続けた心を休ませ、生きるエネルギーを取り戻すためには、「人生に疲れた原因を周囲や世の中のせいにせず、自分に与えられた試練として現実を受け止めること。その対策を考えるための行動を起こす勇気を持つこと。少しでも前向きな選択をすること」が必要だと、心理学の視点から説き明かす。「休むことも生きること」「傷つく必要のない言葉で傷つくな」など、「うつ」に負けることなく、幸せに生きるための具体的方法を開陳。多くの悩める読者を励まし、ホッとさせたベストセラー人生論。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    35
    5
    9
    4
    9
    3
    12
    2
    2
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/09/13Posted by ブクログ

      かれこれ3年以上前から、ニッポン放送の「テレフォン人生相談」を聴き続けている。加藤先生の的確で鋭いアドバイスは、テレフォン人生相談の魅力の1つ。

      そんな加藤先生への愛が高まって、ついに著作を読むに至...

      続きを読む
    • 2018/12/13Posted by ブクログ

      ラジオ人生相談でおなじみの加藤泰三先生の回登録。

      シンプルだけど深い知見に裏付けられた真をついたことば。

    • 2017/01/31Posted by ブクログ

      うつ病になる人がどのような人でどのようなメカニズムで羅漢するのかは分かった。
      しかし、解決策が休むこと、だけでは片手落ちではないだろうか。たしかに休むことは大切だが…。

    開く

    セーフモード