「不機嫌」と「甘え」の心理 なぜ人は素直になれないのか

著:加藤諦三

469円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    なぜかイライラしてしまう。特に理由はないのに不機嫌になってしまう。そんな経験はありませんか?本書は、感情を素直に表に出せない心理や意味もなく相手を恐れてしまう心理をわかりやすく分析しながら、不機嫌になる原因を探っていきます。「甘えは満たされにくいから、甘えているものは傷つきやすい。そして傷つくから憎しみを持つ。その憎しみを直接吐き出せば素直になれる。でも、吐き出さないから不機嫌に押し黙る以外になくなってしまう。特に、身近な人に対してそうなりやすいのだ」と、著者は言う。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    6
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/03/21Posted by ブクログ

      作中で定義付けられる『神経症的』場面というのは無意識に誰しもが持っている要素と思えてならない。他人を詰りたくなる場面というのは少なからず。同時に不満を抱えていることが極めて多いからだ。

    • 2014/02/01Posted by ブクログ

      難しいテーマでしたが、なるほど、と思える箇所が多々ありました。
      人の性質や思考、本当に千差万別ですね。
      興味深いです。

    • ネタバレ
      2014/01/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード