【最新刊】日本人にはもう売るな! ネットで世界進出する方法

日本人にはもう売るな!

1冊

著:菅谷義博

720円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国内市場だけを相手にビジネスをしていては、先行きは暗い。人口は増えないし、景気も下降気味だ。でも、海外市場を視野に入れれば、急成長している国もあれば、儲かっている人もたくさんいる。そのうえ、日本人が考える以上に日本の商品は、海外で評価が高い。もう世界で商売するしか道は残されていない。では、どうするか。英語もできないし、海外に出かけて市場開拓するお金もない。そんなあなたにピッタリなのが本書である。「ロングテール」をいち早く紹介した著者が、自身の経験を元に海外でビジネスを展開するノウハウを懇切丁寧にまとめてくれた。つまり、ネットで世界中にあなたの商品を売る方法が紹介されているのだ。日本から1歩も出ないで海外のニーズをつかむ、海外オークションでテスト販売をする、海外にネット広告を出す、海外と金銭のやりとりをする……誰もが世界を相手にビジネスをする時代がやってきたのだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/03/22
    連載誌/レーベル
    PHPビジネス新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.3
    13
    5
    1
    4
    3
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      単純にネットショップで海外に販売するためのハウツー本だった。

      「海外へ進出しろ」という経営哲学的なものを期待していたので、少々がっかりである。

      海外でのSEO・決済・配送・ホームページ作成の注意点...

      続きを読む
    • 2012/04/10Posted by ブクログ

      最初の部分をもっと膨らませたら、なかなか事業戦略を語る上で面白い読み物になったかも。

      後半をもっと、扱う品目別に注意点を書いたりしたら、なかなか実務本として役立つ本になったかも。

      とはいえ、視点は...

      続きを読む
    • 2011/10/22Posted by ブクログ

      海外にある市場にも目を向ける必要があると思う。最近は大手企業を中心にグローバル化を掲げて海外の市場もターゲットにしてきているが、中小零細企業等の大多数はやはり国内マーケットがメインになっている。現在の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード