[新版]「自分の居場所」をつくる心理学

著:加藤諦三

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    人はなぜしつこいのか、人はなぜ頑固なのか、人はなぜ気兼ねするのか――そこには、「心の不安」があった。夫婦・恋人、友人、仕事などの人間関係がうまくいかない。だれも自分を理解してくれない。そんな悩みを抱える心の底には、自分が受け入れられていないという“のけ者意識”があるのではないか。のけ者意識があると、人は自分の居場所を見失う。その不安が、人をしつこくし、頑固にし、気兼ねさせるのである。“のけ者意識”を払拭し、心理的な自分の居場所に気づくための考え方、行動の仕方とは?心理学者として、長年悩める人々に向き合ってきた著者が送る、生きやすくなるヒントが満載の1冊。本書は、同名のベストセラーを読みやすく再編集したものである。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/01/31Posted by ブクログ

      自分に当てはまりすぎで、笑えてきます。
      一見、神経症の人を突き放しているようで、
      同情する必要がない、その人自身の存在価値を
      認めているからこその表現と受け止めました。
      反省します!

    セーフモード