[新版]自立と孤独の心理学 不安の正体がわかれば心はラクになる

著:加藤諦三

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    一人でいることを楽しめない、嫌われたくないから他人の意見に迎合する……、それは、他人の評価に頼ってしか生きられないから。他人の評価を気にしているから、いつも不安な気持ちにさいなまれ、その不安を解消するために愛着行動を起こすのである。本書は、心のバランスを崩す要因となっている“分離不安”について取り上げ、苦悩に満ちた人生を実り多きものに変換していくためのヒントを説き明かす。親の束縛や過度の干渉を受けて育った人は、期待に応えなければ愛情の絆から分離されてしまうと思い込んでいると著者はいう。「些細なことで怒るのは愛情に飢えている証拠」「心の支えがないから人からの評価を求める」「虚勢を張るのは劣等感の裏返し」など、他人の言動に過敏に反応してしまう心理を鋭く分析し、いかにして真の自立と自由な生き方を実践するかを説く。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/10Posted by ブクログ

      googlebooksで見た範囲だけだけど、愛着理論とか触れている。
      最後の方のページから引用。
      ”心の中にいつも一緒にいてくれる愛着人物を持った人は強い。それがたいていの人は親である。しかし、親を...

      続きを読む
    • 2013/02/10Posted by ブクログ

      幼少期の分離不安から来る不安感や孤独感について書かれた本。
      小さい頃の家庭環境、親との関係が人生にどう影響してくるか。様々な角度から教えてくれる。
      自分が愛情を欲する人がいる、でも、その人を信頼できな...

      続きを読む
    • 2011/12/19Posted by ブクログ

      自立もしてないのに、結婚なんてしたくねえ。子供だっていらねえ。自立してない人間がいすぎて困る。日本なんてそんなもんかもしれねえな。政治家とかも自立してる野郎は多いか?否。

    セーフモード