不安のしずめ方40のヒント

著:加藤諦三

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「相手に嫌われたらどうしよう」「失敗をして笑われるのではないか」「この仕事は自分にできるだろうか」……、人はさまざまな良くないことを想像して不安になる。そして、そうした不安に取り付かれると、どんどん消耗していき、最後にはうつになったり、無気力になったりする。そう、不安は、人生にとって最大の敵なのである。不安をまったく感じない人などいない。しかし、対処さえ間違えなければ、不安は恐れるほどのものではない。不安をなくすことはできないが、しずめることはできるのである。本書では、なぜ、私たちがこのような不安を抱くことになるのかという原因と、その不安に押し潰されず、少しでもラクに生きていくためにはどうすればいいのかを紹介する。不安への対処の仕方を間違えて、人生を挫折させないために読んでおきたい一冊。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/28Posted by ブクログ

      不安な時は自分の不安は何なのか、を考えることが第一。
      人は本当の原因が分かったときに悟りを開く。
      生きることは楽しいことなのだ。
      ストレスの最大の原因はこうしなければならないという思い込み、またはもし...

      続きを読む
    • 2013/05/23Posted by ブクログ

      http://d.hatena.ne.jp/nishiohirokazu/20110610/1307638587

    • 2012/01/28Posted by ブクログ

      漠然と不安とはこういう事なんだろうなと思っていたことが丁寧にわかりやすく書かれている。

      不安をしずめるということは気づくということだろう。僕は僕であるということに、スーパーマンにはならなくて良いとい...

      続きを読む

    セーフモード