勉強できる子のママがしていること 12才までの家庭教育マニュアル

著:和田秀樹

510円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「日本は子供たちが最も勉強しない国」――あなたはこの事実をご存知ですか?かつて「数学力の世界トップ」を誇った時代は、いまや遠い昔の話。子供たちの勉強時間は国際平均を大きく下回っています。近年では「ゆとり教育」も導入されて、学校では基礎的な内容しか教えてくれません。さらに家庭で勉強しない子供が40%を超えている今、子供が「勉強できる子」になれるかどうかは、お母さんにかかっています。本書は、受験指導のプロであり、精神科医でもある著者が、「12才までに何を教えるか」をテーマに書いた、お母さんのための家庭教育マニュアルです。「九九は一日でも早く覚えさせる」「読めるようになってから書けるようにさせる」など、具体的ノウハウが満載。「学校任せではちょっと心配!」と感じているお母さん、ぜひこの本を手にとって、子供といっしょに家庭で勉強をはじめるきっかけにしてみませんか。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/12/26Posted by ブクログ

      「先行逃げ切り」が大事なのはわかるけど、本当に実社会で活躍できる、タフな大人になるためには、幼児期にガリ勉させるより、学ばせることがあるはず!

    • ネタバレ
      2011/01/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/05/25Posted by ブクログ

      さくっ、と読み終わりました。

      著者の本は、すでに数冊読んでいるので、特に目新しい項目はなし。そろばんでもやらせようかな~。くらい、でしょうか。

    開く

    セーフモード