[新装版]本田宗一郎からの手紙 現代を生きるきみたちへ

編:片山修

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    戦後日本を代表する起業家・経営者―本田宗一郎。何事にもひたむきにぶつかり、情熱あふれる人生を、自らの手で切り開いた男の熱き言葉が、いま甦る。多くの経営者を取材し、数々の経営書・人生書を世に送り出してきた片山修氏の編集による本書『本田宗一郎からの手紙』が、新装版<文庫サイズの特別クロス製表紙>として復刊。仕事に誇りを持てずにいるとき、勇気を失いかけているとき、多忙な仕事に押しつぶされそうなとき、会社組織のぬるま湯につかっているとき、新しいプロジェクトに取り組むとき、部下を評価するとき、ミスを正当化しようとしてしまったとき、ひとりよがりに進もうとするとき、自分に自信が持てないとき、無感動になってしまったとき……。本書に語られた熱く、しかしながらどこか温かみのある「オヤジ」の言葉は、現代の厳しい競争社会を日々まじめに生き抜かんとする読者諸氏の心に深く沁みこんでいくはずです。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/20Posted by ブクログ

      1.ホンダ製は性能が良く、バイク、車ともにお世話になってます。その創業者である本田宗一郎についてあまり詳しくなかったので、読みやすくなってたこの本を購入しました。

      2.この本は、手紙と書いてあるよう...

      続きを読む
    • 2009/08/03Posted by ブクログ

      【学歴・競争社会だからこそ大事なこと】

      本書は、「失意のとき」「奢りの時」など、項目別に細かくわかれており、口語調で書いてあります。
      「ゲンコツおやじ」だった本田宗一郎氏。
      とても人間味あふれる言葉...

      続きを読む
    • 2007/09/29Posted by ブクログ

      通院している病院の待合室で出会った本。「人生死ぬまで用事があるんだよ」というような言葉にじーんときました。そうそう。その用事は自分で見つけ出していかないとだね。ちょこちょこ読み中。

    セーフモード