しつけの知恵 手遅れにならないための100の必須講座

著:多湖輝

589円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    本書の著者は、改めていうまでもなく、「頭の体操」で一世を風靡した多湖輝氏である。多湖氏は、「頭の体操」によって、売れっ子心理学者となったが、じつは氏にはもう一つの顔がある。それは、千葉大学付属小学校の校長を務めた、教育者としての顔である。本書は、その「教育者・多湖輝」と「心理学者・多湖輝」の両面から、子どもをよい子に育てるための「しつけ」について書かれたものである。したがって、100項目に及ぶ「しつけのヒント」の一つ一つは、子どもの心理を上手く利用した、効果的なものばかりである。たとえば、転んで痛がっている子どもには、「痛かったでしょう」ではなく「痛くないわね」と応じる。重大な注意ほど、ふだんより低い声で応じる。存分にマンガを読ませれば、マンガを読まなくなる、といった具合だ。よい子を育てるにはちょっとした工夫が必要なもの。子育てに悩むお父さん、お母さんに贈る「しつけのバイブル」である。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    4
    5
    2
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/03/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/02/17Posted by ブクログ

      最近、電車の中で、周囲の迷惑を気にもせず、脚を広げて腰掛けている男性をよく見かけます。恐らく幼児期に電車に乗るマナーを教えてもらわなかったのでしょう。幼い頃に子どもをどうしつけるか。その答えは大人にな...

      続きを読む
    • 2009/08/28Posted by ブクログ

      適度にまとまってる。ボリュームも良好。
      しつけ開始が早い・徹底されているほど後々が楽。
      とはいえ対象になってる年齢は、お話ができる子〜
      ぐらいかな?と思った。もちろん乳幼児の親御さんが読んで
      早すぎる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード