村主章枝の フィギュアスケート ここがわかればもっとオモシロイ!

著:村主章枝

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    スポーツでありながら、芸術性も求められるフィギュアスケート。それゆえに、ルールや採点基準がわかりにくいと、見ることをあきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか。そこで、本書では、現役選手である著者が、コスチューム1着の値段や、リンクサイドでコーチは選手に何と言っているのかといった素朴な疑問に答えたり、女子では数人の選手しかできない「トリプル・アクセル」は、なぜほかのジャンプに比べて難しいのかや、フィギュアスケーターのトレーニング方法、さらには、プログラム曲の音楽の表現と解釈といったマニアックなものまで、さまざまなことに本音で回答しています。「フィギュアスケート」という名前の由来や、リンクの標高によってジャンプの高さが変わるなど、思わず他人に話したくなるうんちくも満載です。

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/09/16Posted by ブクログ

      モロゾフさんの『キス・アンド・クライ』のように自分の意識改革につながるような話はなかったけれど、年間2千万円と言われるトップスケーターさんたちのお金の使用内訳とか、衣装やメイクの話など選手でなければわ...

      続きを読む
    • 2011/05/14Posted by ブクログ

      readerで読了。
      現役選手である著者だけに、中身にリアリティがあります。
      30過ぎても続けてほしい。
      短期間しか習っていないモロゾフのことを結構ほめているのが意外。

    • 2011/05/07Posted by ブクログ

      選手ならではのネタ紹介で、細かくおもしろい。やっぱり「ピーキング」というのが不思議な感じがするけど本当に大切らしい。お金話が赤裸々だけど興味深く、村主さんはじめ、みんなこれからもできるだけながく競技で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード